こんにちわ

 昨日は VelviaとChromeのどっちにしようか、ってやりましたが、今度は逆のchromeを選んだ方のお話です。

X10T6711


FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR: F13.0 1/100s ISO1600 Classic Chrome Medium High

これはクロームに少し緑かぶりをかけて撮ったものです。ポイントは紅い実を赤くしなかったことです。これを普通に赤で撮ると、まぁ、Velviaがわかりやすいと思うんですが、こうなります。

X10T6714
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR: F6.4 1/420s ISO800 (Velvia) Medium Low

もう少し明るく撮ってみたやつは、こちら。

X10T6715
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR: F5.0 1/600s ISO800 (Velvia) Medium Low

なんというか、そこらへんの赤の木の実って感じで面白くないです。この手の樹木の実が赤くなるのは 当たり前、っていう刷り込みがあるからかもしれません。

だから、むしろいろんな色をごちゃごちゃ出さずに緑でかぶせる。そうすることで、頭が補完してくれる効果を選んでみました。

ところで、ここ数日は手にしたXF35mmF2WRを使っているのですが、こいつの玉ボケは綺麗ですね。

かなり優秀で、あとは自分の腕を磨かなければならないのですが、まだまだ35mmは慣れません(笑)