こんにちわ

昨日お話をした、昔の家を一時的にレストランとして開放した場所にてお食事したものをアップしてみたいと思います。

X10T6746
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR: F2.0 1/140s ISO1600 (Astia) High


Velviaで撮ろうと思ったんだけど、少し赤の入ったASTIAがしっくりきた感じでした。
ミディアムレア感が出ていますかね?

XF35mmF2WRの良さも相まって、食べた時の感じが蘇る絵になったかなぁ、って思っています。
だから、こんなに濃い色で、普通ならVelviaを載せる日なのにASTIAの写真を出しています。 

切り出す前に撮ったProNegaの奴は、こんな感じ。

X10T6744
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR: F2.0 1/100s ISO1000 Pro Neg. Std Normal

ここのblogの謎仕様のせいでたまにiPhoneなどのモバイルで観ると縦の写真が横になってしまうのは困りますわ… って、絵の方自体は、少し露出がアンダー気味になってしまったのか、逆光に近かったのもあるんですが、お肉の赤さが足りない感じになってしまったかなぁ、こちらの方は。

旧い民家を一時的な形でであってもお肉屋さんが経営しているレストランなので、とても美味しかったです。

また、脂身の少なめだったお肉なので嬉しい。脂ってのは美味しいんですけど、食べてるうちに飽きちゃう年齢になってきているので、こういうのは嬉しいです。


そうそう、食事の時に、料理そのものの写真を取り出すのは大抵が日本人などのアジア人と言われているらしいです。
blogなんかがあるせいでしょうね。私は外で作ってもらった料理に関しては、できるだけ相方が食べているところを撮るようにしていて、こういう形で外で食べる時に料理単体でしか写っていないものを撮るのはほとんどなかったんですよね。

ここのところ、まさに、blogに使おうかな、って思って撮り出してきたんですが、思うのは、やっぱり、こういうのってマナー的にあんまりよくないかなぁ、って感じています。
作ってもらった料理、少しでも温かいうちに食べるべきかな、って思うんです。
出てきたものを、なんというか、カメラでパシャパシャって・・・・、なんか、・・・ね・・・。

自分たちで作ったものは、作った記念になるのでいいんですけど、作ってもらったものを出されたときについては、ほどほどにしとこうと思いました。
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック