こんにちわ

最近、お気に入りの撮り方があります。

まずはともあれ、こんな感じのです。

2016-01-22-10-50-31
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/6400 F2 ISO400 COL:B&W Green Filter AWB EV:+1 / H-Tn:-2 S-Tn:+2 SH:+2

縦にして撮るとこんな感じ。

image
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/100 F16 ISO500 COL:B&W Green Filter AWB EV:+1 / H-Tn:-2 S-Tn:+2 SH:+2

こんな感じで光条を出しちゃうと、実は自分的には失敗。上のように出さないギリギリのところがいいんです。
自分的な昔ながらの言い方をすれば、「ハーフワールド」ベースのモノクロなんですけど、その明暗を誇張させたようなイメージと言いますか。

(→過去のPENTAX Q時代のモノクロはこんな感じ)


あの頃のモノクロは、機能で提供されるハードモノクロームを中心に使って撮っていたんですけど、今回のX−T10にはそういうワンタッチなハードモノクロ的なエフェクトは無いので、自分なりに少しシャドウ側に落として、でも明るい部分を逆光使いながら撮るという方針です。

今回は結構ブラックを入れてるんですけど、最近はもっと淡い感じの色にするのがお気に入りで、その辺も次の機会に載せていきたいと思います。