こんにちわ

今日は、少し違った顔を持つ桜です。

X10T1324
FUJIFILM X-T10 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/75 F13 ISO1600 Velvia COL:+1 AWB EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

この独特の濃いピンク色を持つ顔は「ヨウコウ」という品種の桜だったと思います。
わざと色を変えているのではなく、実際にこの濃い色を持っています。

X10T1325aa
FUJIFILM X-T10 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/160 F7.1 ISO1000 Velvia COL:+1 AWB EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0 Resized for blpg

次に白い八重が特徴の桜、「コブクザクラ」です。

X10T1338aa
FUJIFILM X-T10 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/52 F5.6 ISO200 Velvia COL:+1 AWB EV:+1.33 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0 Resized for blpg

この白さと中央のピンク加減が絶妙で、とても可憐な感じです。

ちなみに、先日の枝垂れの桜として載せた桜は「タキザクラ」というやつで、顔はこんな感じになります。

X10T1336
FUJIFILM X-T10 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/70 F5.6 ISO200 Velvia COL:+1 AWB EV:+0.33 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

花びらは細くきっちり分かれているのが特徴的。こう言う細かいところがあの枝垂れなのに可憐な感じを醸し出してる一面なのかもしれません。

X10T1248
FUJIFILM X-T10 XC16-50mmF3.5-5.6OISII sspd:1/160 F5.6 ISO800 Velvia COL:+1 AWB EV:+1.33 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

こちらは一般的な桜に近いやつ、蒲ザクラの後継樹です。 こうしてみると結構違いますよね。