こんにちわ


・・・お空を見上げると、素敵な景色、何か久々に達成感みたいなものを味わいました(笑)

image
FUJIFILM X-T10 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/250 F5.6 ISO200 Classic Chrome COL:+1 WB:Kelvin EV:+0.33 / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:+2
 

そうそう、月とか天体とかまたやりたいです。暖かくなってきましたし。
この間、レンズにカイロをあててやるといいと教わりましたし、ちょっくら撮りに行きたいです。

もうちょい、雨が止む季節にならないと動けないかな?って気がしますが、お月さんだけでなく、また三脚でいろいろやりたいです。
実は三脚、新調しました(笑)これについては、またそういう機会にでも。

image
FUJIFILM X-T10 XF100-400mm sspd:1/500 F5.6 ISO200

もう1つ、アップ。少し暗めではありますが、XF100-400mmで撮ったお月さま。上の135mmに比べて100-400mmはそれなりに大きくはなったけど、それでもリサイズしたくなる余白の多さです。お空は広いね。

実は満月のちょい手前が輪郭にクレーターの凸凹ラインが出て来るのでかなり楽しい時間。満月だと消えちゃうんですよね、この線。

image
少し色とサイズをblogアプリで触ったのがこんな感じ。そのままだと月も小さいから、もっと大きく撮りたい、ってなって拡大トリミングするか、テレコンが欲しくなります。まぁ、タイムリーにようやく×2倍のも出てくるようですしね。

…と、言うより、何となくだけど、AFの、精度が甘い気もする。マニュアルかつ手ブレオフで三脚で撮らないとだめかも。軽いのでいつもの様にツイツイ立って手持ちでしかも上に向けて脇が開いてる感じて撮影しちゃうけど、やはり望遠を手持ちで撮るというのは甘い絵を作る良くないことかもしれないです。
合掌の音につい安心しちゃうんで、もしかしたら撮る時のシャッターブレとかも有りそう。トリミングした上で拡大すると、いつも精細な感じがしない。
思うに、解像度の不足というか1600万画素の問題なのだろうか。多分微妙な手ブレが発生してるんだと思うんだけど、画素が細くないから判断つかない(笑)
でもまあ、トリミングし拡大で確認しなければ丁度ごまかせて充分ですよね?(笑)

今日は、満月が近いからか、なんだか眠れないので久しぶりにダラダラな感じで書き連ねてみます。

T2やT20がどんな感じで出てくるかはわからないけど、一度PENTAX K-S1で2000万画素クラスの本体手ブレありの絵を見てしまったからか、1600万画素のレンズ手ブレ補正だけの絵は何が正しいのか実はまだまだよくわからなかったり。レンズによって手ブレ補正の効果違うって難しいよ。

ただ言えるのは、拡大トリミングには少々物足りないと感じてて、これは致し方ないところなのだろうなと思ってます。鳥とか撮ってても、多分手ブレでモヤってるんだろうと思うときは多々あるけれど、それでも軽くて手持ちで撮れちゃう方が楽しいから気にしないでガンガン行っちゃってます。
また、例えトリミングしても、そこから先に拡大してマジマジと見ようなことをしなければ、Retinaの環境で家中揃ってしまった私には、昔ほど写真の甘さやキレに敏感にならなくなってきました。
Retinaになったせいか、縮小環境で見るのが当たり前になってしまったんですよね。
更にどのみち個人で趣味で軽く眺める程度にしか使わないから、この程度の用途には勿体無いくらいの環境。そう、iPhone, iPad, Macbookと、この3点でRetinaベースの閲覧環境が揃ってしまうと従来の絵を見る感覚が変わります。少し甘くても写真サイズがそこそこあれば気にならないという感覚、拡大しなくても細部がわかるからひと手間省けた感覚なんですよね。
まあ、流石に1200万画素のQ時代のサイズだともうボケてダメな感じですが1600万画素は丁度イイです。

ただしJPEG一発ベース、これで天体撮影ってのは、なかなかうまくいかないのは仕方のないことかもしれませんね。本来真面目にやるならRAW記録や4000万画素クラスが欲しいところ。…なんでしょうけど、でも、そんな環境、私には要らないんです。残す記憶媒体のスペースも倍々ゲームになりますし、何より時間を奪われるのが苦痛。写真を1枚1枚弄りだしたくないのが今の私。また、クラウドバックアップできる範囲で楽しめるのが1番で、保存場所のさらにバックアップのためにHDDを年々大きい物に買い換えなければならないのも、もう卒業です。
今のAPS-Cで、この本体も軽く、フルサイズみたいに保管媒体をあまり気にせずお気楽に綺麗な写真を撮れるこのX-T10はかなり満足して使っております。でもまあ2400万画素あれば、普段は1600万画素で、こう言った天体撮影とか拡大物でトリミング前提で使うときに2400万画素へと切り替え出来るので、それはそれで柔軟になります。だから、新しいのは気にはなってます(笑)

そうそう、思ったんですけどカメラ本体ってOffice365みたいに一定額でアップデートし続けられるプランが欲しいです。プロみたいにどんどん新機種を借りられるのが、そこだけを切り取って言うのもいけないのですが、まあ正直イイですよね。パソコンと違ってガンガンお外で使うから1年もしたら売るわけにもいかないし。