こんにちわ

5月になると、もう一つのお楽しみが来ますよね。
そう、薔薇の季節でもあります。

今回は、またまた久しぶりにCarl Zeiss Jena Flektogon 35mmを持ち出してみました。

1X10T3767
FUJIFILM X-T10 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm sspd:1/800 F2.4 ISO250 Astia COL:+1 AWB Manual DR:100% / H-Tn:+2 S-Tn:+1 SH:-2

やはり、アダプター経由でもいい味出ています。カリカリすぎず、ふわっと適正な色が出る、このレンズはいいです、本当に。

もっとも、フワっとしているのはマニュアルだからピンが合っていないのもあるかもしれません。
でも、色はFA77Limitedよりも好み。

結構X-T10とも相性が良い感じです。

2X10T3792
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/6400 F4 ISO200 COL:0 Adv.Low Key AWB DR:100% EV:-0.67 / H-Tn:0 S-Tn:0 SH:0

何せ、絞りリングは普段のXFレンズと同じレンズで行うし、ISOとかシャッターはオートにしておけばオートフォーカスが効かないだけで、そんなに苦ではありません。

そして、このバラの時期に、XFレンズは35mmF2WRを持ち出しました。これってどうしてなかなかいい味出します。このXF35mmF2も好きなレンズです。

3X10T3890
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/7500 F2.8 ISO800 ProNega.Std COL:-2 WB:Kelvin / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

カリっとしているところとフワっとしたところを併せ持ついいレンズです。強いて言えば美味しいたこ焼き。

F2.8-4くらいにして近寄るのが結構好きな使い所です。

4X10T3784
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/2900 F4 ISO800 ProNega.Std COL:-2 WB:Kelvin EV:+0.33 / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

バラもなんとなく青系統のKelvin色調にして色を強すぎずに使うのがお気に入り。
PronegaやASTIAで撮りまくりです。

5X10T3891b
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/850 F7.1 ISO800 ProNega.Std COL:-2 WB:Kelvin EV:+0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

この4月頃からずっとお花ばかり撮っていますけど、春になってきて暖かい陽気になってくるとついつい対象が鼻もとい華に行ってしまうのはサガでしょうか。

そう言えばXF35mmF1.4の方のレンズは使ったことがないのですが、これよりも明るいからボケやすいんでしょうね。
でも、日中使うなら明るすぎないことも重要だったりしますので、このXF35mmF2WRも今風でいいところを突いてると思います。
他にXF56mmやXF23mmを持っているという状態でしたから、35mmの域は素早く軽くスナップ重視。

但しこれだけをつけて持ち歩くようになってくると、完全に27mmが死んでる感じ。絞り環Rもないからつまらないので尚更。

そうですね、27〜31mm程度のマクロ的に近寄れるFlektogonような使える柔らかいレンズが来ればいいなぁ、と思うのですが XFレンズにはAFが速くて近寄れるコレコレって奴が欲しいですよね。