こんにちわ

薔薇と言ったら、やっぱりモノクロですよね(え?)

1X10T3872
FUJIFILM X-T10 XC50-230mmF4.5-6.7OISII sspd:1/500 F6.7 ISO400 COL:B&W Green Filter AWB DR:200% EV:-0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

薔薇ほどモノクロで撮っても映える華はありません。
少しハードな感じで撮ると大好きな描写が出てきます。


2X10T3902
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/400 F5.6 ISO400 ProNega.Hi COL:-1 AWB EV:+0.67 / H-Tn:0 S-Tn:-1 SH:+2

今回、埼玉県は鶴ヶ島方面にあります、茂呂山町の薔薇、滝の入ローズガーデンにお邪魔して撮っております。カメラ持ちがいっぱいですね、ココ。


3X10T3795
FUJIFILM X-T10 XF35mmF2RWR sspd:1/680 F2.8 ISO200 COL:B&W Green Filter AWB DR:100% / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

このXF35mmF2WR、デザイン良し、写り良し、軽さ良し、って全体的にそつなくこなす感の今時のレンズですよね。
PENTAXのKマウントだったら35mmの安いやつっぽいのをさらにデザイン良くした感じかな?
X-T10との相性も良いのでこういうのを単焦点キットレンズとして売るのはとても正解だと思います。

そろそろ値段もこなれてきた頃でしょうか。
オススメなレンズです。もっとも、ボケた写真に魅力を感じてて、56mmか90mmに手を出さないなら、XF35mmF1.4の方が撮る楽しみはあるかもしれません。


4X10T3860b
FUJIFILM X-T10 XC50-230mmF4.5-6.7OISII sspd:1/1300 F6.2 ISO400 COL:B&W Green Filter AWB DR:200% EV:+0.33 / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

まぁ、レンズって結局撮り方で写りも変わってきますので、近くに寄って責める人はXF35mmF2WRでいいんじゃないかと思います。素早いAFも活きてきますし。

ちなみに、冒頭の写真のレンズはXF35mmF2WRではなく、この上と同じく XC50-230mmOIS2です。
手ぶれ補正付きで軽い望遠、XCなのに十分な絵を得られる、これまたお気に入りなお手軽レンズです。

まぁ、私の場合、ヤフオクでおまけにX-A2ついてきた感じの入手なので、外装はシルバー、ちゃっちいん色なんですけどね、軽くてお散歩には非常に使い勝手があります。


5X10T3764
FUJIFILM X-T10 Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm sspd:1/800 F2.4 ISO200 COL:B&W Green Filter AWB Manual DR:100% / H-Tn:+1 S-Tn:+2 SH:-2

薔薇の時のモノクロは、薄い感じよりメリハリ強い方がやっぱりいいですね。

ハイライトもシャドウもプラスして、でも華なので、シャープネスはあんまりかけないで、っていう具合が個人的には好み。いろんなレンズで撮ってみてますが、どれで撮っても面白い。そんな対象が薔薇ですよね。

しかも、香りも良いので気分が上がるし、楽しいです。