こんにちわ

チューリップの色なら、と思って色を抜いてみるのですが、やはり自然界で完全に単色で構成されるものって少ないですよね。

X10T1716b
FUJIFILM X-T10 XF23mmF1.4R sspd:1/32000 F1.4 ISO400 COL:0 Adv.Partial Color Red AWB EV:-0.33

難しいですね、こういうの。
むしろ他のメーカーのように色の置き換えができるとか、2色で抜けるとかの機能が羨ましいです。

まぁ、そういうう遊びはPhotoShopでやってください、っていうことなんでしょうけどねえ・・・。


X10T1711b
FUJIFILM X-T10 XF23mmF1.4R sspd:1/8500 F1.8 ISO400 COL:0 Adv.Partial Color Red AWB EV:-0.33

後工程に時間を使わないようにしたい、っていう思いから、JPEGで一発のいい色が出るX-T10を選んでいることもあるので、そういう意味で熟成を望みたい気持ちが強いです。

だからと言って、PENTAX K-1のような大きく重いものへのチェンジはするつもりがないので、このT10が十分な感じであります。

使えるAdvancedフィルターは「ミニチュア」「ダイナミック」「LOWキー」「ソフトフォーカス」という感じでしょうか。
はじめはトイカメラが楽しかったのですが、最近は飽きちゃった感が強いです。もう少し黒を茶色にするようなカラー調整や逆の白への調整ができたら活用範囲広いのに、今のままでは厳しいかな。
セピアのモノクロも含め、ChromeやASTIA、モノクロGやYフィルターなど、基本的なフィルムシミュレーションの機能や色合いはものすごく良いんだけど、遊び心になるようなアート感性ものには少し物足りなさを感じます。

そういうカメラじゃねぇ、と言われてしまうのがオチですかね・・・。