こんにちわ

先日の10月9日(日)に埼玉県の与野駅の周辺で大正祭りという不思議なイベントをやっていたので、その写真を今日は載せてみます。
なんでも、大正元年に「与野駅」が出来たそうで、そのお祭りらしいです。

当日は大正時代の衣装のコスプレさん達がパレードをやっておりました。写真コンテストなんかもやっていたそうなのですが、応募方法もよくわからず、後からホームページを見てもよくわからないのでめんどくさいのでここにアップしちゃおうかな、と思います。
(だから削除要請が来ちゃったら、この日のログは削除かもしれません)

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/1800 F1.8 ISO400 COL:Acros AWB DR:200% EV:+1.33 / H-Tn:+2 S-Tn:+2 SH:+2
なんだか素敵な感じでした。綺麗なお姉さんたちが素敵な衣装で普通にその辺りを歩いているんですよ。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/950 F2.2 ISO800 Provia WB:Custom EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:-2
#浮気現場、発覚?

大正時代の、ということで「少しだけ黄色い薄めの感じの色合い」にして撮ってみたのですが、あまりにもX-T2の写真がクリアで綺麗すぎちゃって、どうにも現代風になっちゃっています。

良すぎてらしく撮れないというジレンマを初めて味わいました(笑)

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/2400 F1.2 ISO800 Classic Chrome WB:Custom2 EV:+1.33 / H-Tn:-2 S-Tn:-2 SH:-2

なかなか雰囲気がある感じの方々を撮るのは、やはりACROSでないとダメですかね。
後ろはビルとかハンバーガーショップ、横文字の名前のつけ麺やなどがあるような普通の駅前通りを普通に歩いちゃうんで、現代をイメージさせる背景をぼかしながら、モノクロや色変化で隙間なく撮る感じが一番「らしさ」が出る感じ・・・なのですが、なかなか難しい。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/1250 F1.6 ISO400 COL:Acros AWB DR:200% EV:+1.33 / H-Tn:+2 S-Tn:+2 SH:+2

飛脚さんぽい姿の人も参加されておりました。
まぁ、なかなか雰囲気を残して撮るのは結構難しいです。

今回は、撮った後に多少Macでトリミングだけ行っています。何せそうしないとコスプレイヤーさん以外の街を歩く一般の人たちの顔が写っちゃうんです。本音はもう少し人物の周りに余白あるオリジナルが好きですが、いろんな人の表情を見るのは私だけにさせてもらいます・・・。

こういうイベントは楽しいのですが、写真泣かせですよね。
今風の腕時計をしていたり、よく見るとそこらで iPhoneを触っていたり。普通に平成の洋服の人がたくさん隙間隙間に写り込んじゃってたりするので56mmで切り取ろうにも難しいのが現実。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/1300 F1.4 ISO800 Provia WB:Custom2 EV:+2.67 / H-Tn:-2 S-Tn:-2 SH:-2
まぁ、雰囲気ですからね、こういうのは。

でも、実はこの蛇腹のカメラを持ったお姉さんがお気に入り。なかなか雰囲気あるお姿だったのですが、パレード参加者じゃなかったようですので、ちょい残念。この蛇腹カメラを持ちつつも、iPhoneで写真操作しているお姿のギャップがとても萌えます。あぁ、やっぱり現代だなって(笑)

自分もレンズの周りに蛇腹を取り付けてみようかな・・・。結構古くさいカメラっていいですよね。