こんにちわ

少し山手線からは離れてしまうのですが、私の少年時代に遊んでいた町、東京都北区十条に久しぶりに訪れる機会がありましたので、今日はそんなスナップです。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/200 F5.0 ISO200 Adv.Dynamic Tone AWB

本日の十条駅は、同じ十条でも「東十条駅」です。赤羽駅から徒歩でもそんなに遠く無い距離にあり、京浜東北線が通る駅なのですが、いかんせん随分古い駅でして、周りの鉄橋はサビまくり。


FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/140 F4.5 ISO200 Adv.Dynamic Tone AWB EV:+0.33

駅そのものは坂の中腹にあったりと随分レトロなイメージを残す駅でもあります。この錆びている感じと、空の曇り具合・・・なんとなくダイナミックフィルターとの相性がよさげな感じがしたので撮ってみましたが、本日は3パターンで撮った全てを載せちゃおうかと思います。

なんというか、意外にもカーブの感じが綺麗なんですよね、この駅。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/140 F4.5 ISO200 Adv.Dynamic Tone AWB EV:+0.33  

上の方は新幹線も見えるし、タイミングが良ければもうちょっといい絵が撮れたかもしれません。
来た車両に合わせてパチパチ何も考えずに撮ったので電光掲示板は崩れてるわ、2本の電車のタイミングは合っていないわで鉄さんが見たら怒り出すようなスナップになってしまいました(笑)

都内はオリンピンックに合わせてか、どんどん綺麗な感じになっていっていますが、こういうローカルな駅はずっと変わらないんだろうな、って思いました。
人が歩く線路の真上にある鉄橋の手すりが錆びてむき出しになっているのに、誰も手入れを必要と感じなく、ただただ存在し取り残されている情景。

それでも、人気のエリアなんですよね、ここ。
 
さて、久しぶりに同じような写真を並べてみたのですが、やっぱり選びきれない写真というのはダメですね、あとから見返して未熟さを痛感してしまい、自己嫌悪に陥ります。
今度は列車とサビた感じの組み合わせをベストで撮るぞ。