こんにちわ

近くの湖の話の続きではありますが、その湖の周りではネコが結構いるんですよね。
顔はノラ特有の険しい目つきなのですが、あんまり勢いよく逃げないってことは、誰かがたまに餌をあげているのかもしれません。

 
FUJIFILM X-T2 XF27mmF2.8 sspd:1/300 F11 ISO1600 Velvia COL:High WB:Cloudy DR:200% EV:-0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:-1 SH:+2


初めは下の写真のこれくらいの距離から撮っていたんです。XF27mmをつけている状態ですからね、これでも結構寄っているんです。5mくらい?

FUJIFILM X-T2 XF27mmF2.8 sspd:1/450 F11 ISO1600 Velvia COL:High WB:Cloudy DR:200% EV:-0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:-1 SH:+2

それでももっと近づけていけるんだから、人を怖いと思っていない猫ですよね。

FUJIFILM X-T2 XF27mmF2.8 sspd:1/3000 F2.8 ISO400 Velvia COL:High WB:Cloudy DR:200% EV:-0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:-1 SH:+2

目の前とかを軽く素通りしていきます。
うーん、目つきがこうでなければ可愛いのに・・・。

FUJIFILM X-T2 XF27mmF2.8 sspd:1/3000 F2.8 ISO400 Velvia COL:High WB:Cloudy DR:200% EV:-0.67 / H-Tn:+1 S-Tn:-1 SH:+2

湖の近くに5匹はいたようです。黒2匹、茶白1匹、後ろの方で家族が灰色の猫の話もしていたので、少なくても4匹はいそうでして、帰りがけに車の中から眠っている黒白のやつも見かけましたので5と数えてます。かなり多いのではないでしょうか。

これからどんどんと寒くなっていきますので、どこまで耐えられるのでしょうか・・・。

FUJIFILM X-T2 XF27mmF2.8 sspd:1/800 F5.0 ISO200 COL:0 Adv.Miniature AWB DR:100% EV:-0.67

まあ、飼えるわけではないので、無責任な餌やりとかはできませんですが、ずっと健康で入られますように。
こんな落ち葉でも、うまく布団にすれば暖かいですよね。
帰りがけの猫がそんな感じで落ち葉に埋もれる感じでお昼寝してました。

人間は自分で温かさを調節でき、暖かい服装を着こなし、文明の力でヌックヌクな生活です。
ソリャァ、生きていくのに必死になれば、ああいう目つきにもなります。

人間も同じでしょうか。
生きていくのに必死な人ほど、険しい顔立ち目つきになってしまうのでしょうか。

少なくてもコレは思いたい、『笑いジワは増やしても、苦労ジワを見せたくない』ですよね。
心から願えば、そうなると信じています。
 
常に心に太陽を。

昔見た映画のセリフですが、ずっと心に残っています。
不思議ですね、こういう気持ちを持って過ごせるのも人間の特権でしたよね。カメラを通して思い出させてくれるって、素晴らしいです。