こんにちわ

本日も駒込〜後楽園周辺のショットです。


GWが終わると、なんというか梅雨の時期が来て「初夏」が見えて来ている感じがしませんか。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/8000 F1.2 ISO1000 Astia COL:+1 AWB DR:100% EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

公園には、もう梅の実がついていましたよ。
すごいですね。

溢れんばかりの眩しい日差しの気持ち良さと、新緑と緑の元気良さを現すために少し飛ばし気味に撮ってみました。
なんか、こういう感じも余裕でこなせるのでX-T2っていいですよね。

FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/600 F5.0 ISO1000 Astia COL:+1 AWB DR:100% EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

なんか、清々しい感じで気持ちよかったので、XF56mmAPDとXF35mmF1.4の2つでとり比べてみました。
両方とも撮ってて楽しくなるレンズですよね。
でも、こうやって対比するとよう分かります。

XF56mmAPDの光はカクカクしているんですよね・・・

FUJIFILM X-T2 XF35mmF1.4R sspd:1/1600 F3.6 ISO1000 Astia COL:+1 AWB DR:100% EV:+1.67 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

XF56mmAPDは繊細さとボケの綺麗さの2つを持つ素晴らしいレンズなんですけど、こういうシーンではXF35mmF1.4に負けちゃいます。
また、XF35mmの方は、F3.6まで絞っちゃいましたから、結果的にこの日はXF35mmF2WRを持ち歩くのが正解だったかもしれません。


FUJIFILM X-T2 XF56mmF1.2_R_APD sspd:1/20000 F1.2 ISO1000 Astia COL:+1 AWB DR:100% EV:+0.33 / H-Tn:-1 S-Tn:-1 SH:0

でもまぁ、いろんな対象を前後に自由に撮れるのは F1.2クラスの楽しみですよね。
明るい日でも電子シャッターがあるので結果的にXF56mmAPDに戻しちゃったりしちゃいます。

XF35mm系の方が軽いからいいんですけどね。


そういえば、XF50mmF2WRも発売されているんですよね。
XF50-140mmもあるし、XF18-55mmもあるし、もっというとXC16-50mmIIのことも考えると手を出しにくいっていうのがありますけど、実はあっちの方が絞りもカクカクしないしいいのかもしれないって思えて来ました。

まぁ、よく撮る画角が換算前23-27mm帯の私に撮っては、難しいですけどね・・・。
でも76mmくらいはちょうど使いやすいんですよね・・・。

まぁ、今年はマクロに注視したいので、もうちょい待ちですかね。