こんにちわ

ローカル列車の記録において、広角のレンズがあったほうがよかった、というお話をしました。

意外にも間近で見られることが多いので広角を用意した方が良い、と、今回痛感したわけですが、そうでなくても、いい感じに撮れる撮り方もあると思い、少し離れたところから探ってみました。

FUJIFILM X-T10 XF18-55mmF2.8-4RLM OIS sspd:1/640 F4 ISO1600 Auto by 嫁

釣り人と鉄橋を走る電車のショット。
結構いい感じですよね。
最近嫁の方がいい写真を持って来ます。怖い。

FUJIFILM X-T2 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/125 F6.4 ISO400 COL:0 Adv.Miniature AWB

私の場合、ミニチュア一発勝負とか、チャレンジ的や技巧的になりすぎちゃってるのかもしれません。
こういうのいけないですよね・・・。


FUJIFILM X-T2 XF18-135mmR_LM_OIS_WR sspd:1/15 F9 ISO800 COL:0 Adv.Miniature

こんな感じで、川の下の方からローカル列車を狙うっていうのも面白いですよね。

次に大樹を撮るチャンスがあるときは、いろんなレンズを持ってこようと思いました。
どのみち車ですからね。

ただ、朝や夕方に寒くなって来ていますので、車に置きっぱなしも危険。
温度差が激しい気がしていますので、そろそろ防湿剤とかも用意した方がいい時期に来てるかもしれません。