こんにちわ

正月を過ぎて、なかなかお外でカメラを使う時間が取れないでイライラしてきている今日この頃です。
そんな時は、これしかないですよね。

SONY ILCE-7RM3(α7Riii) Carl Zeiss Jena Flektogon35mm 3rd sspd:1/250 F2.8 ISO12800 COL:0 AWB EV:+0.3 SH:0

やっぱりこの季節は、いちごです。
1月5日、1月15日、1月22日(イチゴショートの日)、と③回もイチゴっぽい日がありますからね〜。

03

手持ちでオールドレンズ、かつ室内でISO上がっちゃいましたけど、それでもこの産毛がわかるピクセルクオリティ。
42MPはすごいです。やっぱり。

えっと、先っちょとか熟れ過ぎてるやん、っていうツッコミは・・・ありそうですが、農家さんのところから買ってきたやつなので、味重視です(笑)
スーパーとは比べ物にならない美味しさです。

基本、イチゴは農家さんのものに叶いません。しかも農家さんによっても味が違うので好みを探しだす感じです。ということで、なかなか時間が取れなかったのですが、この間の休みにこれだけ訪れてきました。やっぱりこの時期欠かせませんので。

SONY ILCE-7RM3(α7Riii) Carl Zeiss Jena Flektogon35mm 3rd sspd:1/250 F2.4 ISO6400 COL:0 AWB EV:+0.3 SH:0

それから、久々に引っ張り出してきました、このレンズ。

しかも、購入してかなり経つのに、実は初めて「35mm」本来の画角での撮影です。

ホワイトバランスは、完全にオートで任せちゃっていますけど、結構色の出方が優秀・・・
SONYなのにびっくりです(→一応、過去のカメラ遍歴はこちらより)。SONYのコンデジは、Cybershot DSC-P1と WX-10 を使っていました。

その昔のコンデジを使っていた時のAWBは「まるでダメ」でしたけど、α7R3のAWBはオールドレンズを使っていてもいい感じでピシッときます。いいですね、ほんと、時代を感じます。

イチゴの赤って、カメラに任せると綺麗な赤が出にくいんですよ。

SONY ILCE-7RM3(α7Riii) Carl Zeiss Jena Flektogon35mm 3rd sspd:1/250 F2.8 ISO2500 COL:0 AWB EV:+0.3 SH:0 vivid   

これはvividだったかな、設定をちょいと変更してみました。
この変更したものをexifで拾えるかどうかも探る必要あります。

ちなみに、Flektogon 35mm 3rdについては、PENTAX-Q 時代に手に入れていたもの(→)で、うちの家で撮るテーブルフォトでは一番色が好みのレンズです。

SONY Carl Zeiss Jena Flektogon35mm 3rd sspd:1/250 F2.8 ISO12800 COL:0 AWB EV:+0.3 SH:0 PexelShit shot's Test

例のピクセルショットも試してみましたけど、ちぃと、これではダメな感じ。

ちゃんと三脚を置いて、手ブレ切って、ストロボ炊いて、極端なことをいうと、ImageingEdgeというPCソフトから撮影をするテザーモードでないと良さが出てこなそうな感じです。

22

微妙なところも表現され、すごそうなんですけど、ほんのわずかな振動でもブレやボケの原因になるし、オールドレンズじゃぁ、活かしきれなさそうです。

やっぱりα7R3にもちゃんとしたレンズつけて、 お出かけが必要ですかね。

カメラ自体は嫁さんの所有物なので、一人で出かける時は、どうしてもT2持って行くんですよね。

そうそう、赤いやつつながりじゃないんですけど、この間XーT2で綺麗なやつ撮れましたので、次回はそっちの話をします。