こんにちわ

この度、a7m3(ILCE-7M3)をすぐに使い出すための、それこそ「一夜漬け」で覚えるための「参考書」を、amazonのKindle向けの電子本として出版致しました。
これでデジタルセルフ出版は、「SONY CLIE しろクリ・ファーストガイド」「PENTAX Q: セルフラーニングガイド Q骨頂」「α7Riii スピードラーニング」に続き、第4作目となります。
 
 (参考:→ これまでの活動履歴)

この本の概要は、下記の内容となります。
  • α7m7本体のにおける基本的な使い方とシャッタースピードや絞り優先ダイヤルにおけるポイント
  • ピント合わせにおける便利使い方
  • カスタマイズの参考例や、各種設定の参考情報
  • その他、色調整の変更や豆知識
まず大切なことですが、今回の 内容は「ワンナイト」で覚えられそうな情報量(朝までには覚えられる程度)に絞ってご説明しております。

FullSizeRender


レンズのご紹介や情報については少しだけに留めています。

また、構図や写真技法における解説についても α7m3の操作に限定する話でもないので載せておりません。
また、動画については・・・
・・・はい、まだまだ勉強中の身ですので、今回は一切外しております。

これ、例えば現在SONY以外の他のメーカーのカメラをお使いで、このa7m3(ILCE-7M3)が気になって仕方がない、または、もう勢いでa7m3(ILCE-7M3)を買っちゃいましたが、今までのNikonやCanonのカメラとは結構、特に操作方法が違っててどんな感じで使っていけばイイのか手がかりはないかな?
っていう人にとっての、手引きとなれるよう、以前のα7R3スピードラーニングから、かなりテコ入れして作り直してみました。

今回のα7シリーズのメニュー体系はRの時と「かなり似通って」います。
そのため、R3とm3を相互に使いながら、m3側に向いているカスタマイズキーの割り当てや、使い方を試行錯誤を今までの半年間ず〜っと行っておりました。
そのTipsがお話しできるレベルまで蓄積されてきた結果、この度、ようやくご紹介できるようになりました。
中身の濃さは以前よりもさらにパワーアップした形で、かつα7m3に向けた内容になっております。
Riiiのように解像度が高いわけではないので APS-Cクロップの頻度は少ない→カスタムキーには割り当てない、等)

多少なりとも一眼カメラを触ったことのある人が、このα7m3を使う上で、(もし私だったら、まさにこういう情報が知りたい・こんな使い方のポイントを知りたいという)お役に立てる情報を中心にサンプルショットを加えた結果、ページ数は約100ページ程となりました。

この本の作りも、以前のRiiiのときと同じく、私が購入してから6か月の間で得た使い方のポイントをこまめにまとめた「ノート」の延長でできております。
例えばα7m3の使い方のコツを他の人に教える場合にはこの本を使って(教材的に)説明したい、そんな内容でまとめる方針で作られたのは以前のものと変わっておりません。

 * * *


さて、本書の全体像についてお話しします。
全体的な流れは、下記の形となっています。

NAGARE

前回のα7Riii向けの スピードラーニングについては、設定情報を中心にまとめておりましたが、今回のワンナイトトレーニングでは実際に操作し設定しながら進めていける形で内容を記載しております。

カメラを触りながら読み進めると2〜3時間を想定しておりますが、夕方から朝まで慌てないでじっくり徹夜で覚えるのもありだと思います。

長くなりましたが、本日から公開です。

蛇足ではありますが、表紙のモデルさんは【ふくろう】のヒナでございます。

α7m3を手にし、これから使い始める人向けの、一夜漬けを想定した本書のトップを飾るのに、これ以上のモデルさんはいないと考え、α7m3で私自身が撮ってきました(笑)

本書の中の参考写真はα7R3、つまりRではなくて、α7m3側で全て撮っております。

なお、今回も出だしの約3ヶ月だけ Kindle Unlimited を使って公開しました。
なかなか手に入りづらいα7m3であり、先にα7R3のスピードラーニングを購入していただいてくれた方を意識してのことです。
先着順何名とか何日間だけ百円とか、そういうスタイルでの販売てはありません。
但し、期間を超えたその先では1,273円での販売となります。あらかじめご了承くださいませ。

前回の出版作品、お陰様で好評です。
ありがとうございます。
「α7R3 スピードラーニング」のkindle版に続いて、ボリュームをアップした本作も、お手に取っていただける皆様に気に入っていただけるように頑張ってみましたので、お気に召して頂けたら嬉しいかぎりです。

何卒、よろしくお願いいたします。

リンク: 「 α7m3 ワンナイトトレーニング」(amazon Kindle版)iPhoneやiPadのアプリでも読めます。

α7m3ワンナイトトレーニング_Kindle版

なお、物理的な手渡し方ではなくアマゾンの仕組みの中で実施しておりますので、大変申し訳ないですのが、スピードラーニングを買ったからワンナイトトレーニングの割引できますか?
みたいなリクエストにはお応えしようがないので、予めご了承ください。
amazonへのリンクはこちらから
  • 中身については更に→コチラでお話ししております